変わらずにおくことはできないのです

私の父は、49才の時、突然倒れて4日で亡くなってしまいました。
今の私の年ですから、まさか自分が死んでしまうとは思っていなかったと思います。


暮らしの中から突然父だけが消えてしまい、モノはそのままです。
何年もそのままで暮らしました。
何かを変えるなんて、ましてや捨てる気持ちになんかなりません。


父は読書家だったので本がたくさんありました。
父以外に読書好きなのは私だけ。
父と私の一番強い接点でした。


父の読む本は難しい本が多かったので、
自分の成長とともに1冊、また1冊と父の本が読めるようになっていくのが
とてもうれしかったことを思い出します。


父が亡くなった時、私は父の本を残してほしいと思いました。
いつか読めると思って。


でも数年して、読もうと思ったとき、本には虫が湧いていました。
もともと古い本だったせいもありますが、モノが動かなくなったからでしょう。
これ以上変わらないでほしいという思いとは裏腹に、また変わってしまった。
もうショックでした。


今振り返って、こうしたら良かったなと思うことは、
その時にやはりきちんとしておけばよかったということです。

そのきちんとというのは、
思い出として大切に残しておくものとそれ以外のものを分けること。
そして、保管に耐えるような形で残すこと。


気持ちの整理として1〜2年はそのままで暮らしてもいいでしょう。
でも少しずつ見直していきましょうね。
思い出として取っておきたいものは、きちんとして、取っておきましょう。
そのままで・・という気持ち、よくわかります。
でもそのままにしておいたら、ダメになってしまうかもしれませんよ。


そして、自分が自分の意思で手元に残したいと判断する。
それは、誰かのモノが私のモノに変わる瞬間ですね。


結局、私は父の本を自分の手元に残すことはできませんでした。
今でも目をつぶると、昔住んでいた家の書棚。
あの書棚にはこんな本。この書棚にはこんな本があったなと思い出します。


そんな思いと共に、今でも大切にしているのが
子供の頃、父が買ってくれたもので大好きな本です。
すでに40年ものです(笑)
d0179818_1155792.jpg




読んでくださってありがとうございます。クリックして頂けると更新の励みになります☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
[PR]
by bellberry_k29 | 2013-09-19 12:21 | ライフオーガナイズ


身軽になって50代を楽しむ! ライフオーガナイザーの日々


by bellberry_k29

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

お知らせ
at 2015-05-17 21:59
珈琲にはまる!
at 2015-05-10 11:41
自分を見つめ直したゴールデン..
at 2015-05-06 16:12
3年ぶりの蓼科へ
at 2015-05-04 12:12
これまでと・・これからと
at 2015-05-01 23:08

カテゴリ

はじめまして
ブログ
ライフオーガナイズ
SMART STORAGE!
50才からの暮らし
   ・・・健康
   ・・・美容
   ・・・ファッション
   ・・・楽しみ
50才までの暮らし
   ・・・健康
   ・・・美容
   ・・・ファッション
   ・・・楽しみ
   ・・・自宅
   ・・・学び
お気に入りグッズ
家電
単身赴任
家計管理

以前の記事

2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

記事ランキング

その他のジャンル

Ninja Analyze

ファン

ブログジャンル

50代
インテリア・収納

画像一覧